Gallaly1|シルクロード|写真家「有馬清徳」公式サイト...シルクロード、南極、ベーリング海峡、シベリア・アラスカ・北極圏、麗しき日本の写真を撮り続けた写真家の軌跡

GalleryI  風が鳴る 雲が飛ぶ 熱沙をくゞり 波濤を砕き 総嶺を越えて  時は光のなかに シルクロード

パルミラ昇陽

そこに歴史の通った道がある。中国・インド・ローマの三大文化圏をつなぐシルクロードは、かつてアレキサンダー大王が、法顕や玄奨が、流砂を渡り雪山や嶮路を越えた苦難の道であり、東西文化交流の歴史の道となり今日に至っている。
私は1986年、中国・パキスタン間の国境が開放されたのを機に、中国西域からパミール高原を越えて、パキスタンに至る「第1部 パミールを越えて」を撮影取材。次いで、ユーフラテスが流れるシリアに始まり、ヨルダン・トルコ・ギリシャに至り、海路イタリアに上陸し、アッピア街道を経て、ローマに至る「第2部 ローマへの道」を1988年に完成した。
また、イラン・イラク戦争終結直後の1989年にイラクを、1990年にイランを取材することができ、「第3部 ペルシャからメソポタミアへ」を制作。9ヶ国を貫道するシルクロード2万5,000kmの歴史と文化を、光のなかにレンズを通して焼き付けることができた。

パミールを越えて

    鳴沙山の夜明け

高昌古城(トルファン)

    北大仏殿(敦煌莫高窟)

光る道(トルファン)

パミール高原

カラコルム針峰

    光るインダス河

タフティバーヒー山岳寺院(ガンダーラ)

カシュガルの床屋

    ハミ瓜を売る老人

カシュガルの幼稚園児

    ガンダーラの人

    ガンダーラの女

ペルシャからメソポタミアへ

ペルセポリス燃ゆ

アバダーナの階段(ペルセポリス)

葦の舟(クーイ・ハージャ)

バムの廃墟

花の村(ザンジャン)

    ペルシャの市場(イスファハン)

イマームモスク夕景(イスファハン)

田植え(ラシット)

    モスクの女(イスファハン)

ザンジャンの子供達

    アリ・レザー聖廟(マシャド)

楔形文字(ニムルド)

    スパイラルミナレット(サマーラ)

羊の群れ(ウルク)

葦の家(マーシュランド)

夕映えのモスク(クーファ)

月夜のモスク(バグダード)

水辺の女(マーシュランド)

黒衣の女(マーシュランド)

光る渚(バンダル・アンザリ)

    ファラオの宝庫(ペトラ)

イサクパシャ宮殿夕映

     ネムルトダアの巨像

羊の群れ(東部アナトリア)

モザイク壁画(イスタンブール)

ブルーモスク夜景(イスタンブール)

ベルジーナ遺跡(マケドニア)

    老婦人(セッサ・アウルンカ)

マテラ旧市街

    アッピア街道

ローマ夕照

このサイトに掲載されている写真の無断使用、無断転載は固くお断りします。写真に関する著作権は、日本の写真に関する著作権法並びに国際条約により保護されています。

コピーライト 有馬清徳 1988年

写真集

有馬清徳シルクロード写真集
「時は光のなかに」
(第1部 パミールを越えて 第2部 ローマへの道)
【出 版】 有限会社スタジオアルファ
【発行年】 1988年
【定 価】 3,500円

有馬清徳シルクロード写真集
「時は光のなかに」
(ペルシャからメソポタミアへ)
【出 版】 ふたば書房
【発行年】 1992年
【定 価】 2,800円

お問い合わせはこちらまで TEL : 0798-46-1166    FAX : 0798-46-6667

ページ先頭へ

ホームページ制作はオールインターネット

Photographer 有馬清徳 公式ホームページ alpha@arima-photo.com